トップページ > 製品情報 > 光学検査機器 > 光学検査機器 > 積分球
積分球

自社設計による形状、反射面の自社塗装により高反射率か高耐候性から選択可能。

概要                         

積分球は、光源の光学特性の計測を行うため測定ツールです。積分球は、球の内面に高反射率を有する拡散反射面で構成され、球内で点灯した光源の光束及び、球内に入射された光束を幾度も反射させ、その壁面の照度を一定化させ、その一部の光を測光することで、光源の光学特性を測定するためのツールになります。

例:

◎ 全光束システムで、光源の光など光学特性を計測する。

◎ 拡散性物体の透過率、反射率を計測する。

◎ 均一光源に組んで、カメラなどを校正する。

特長                         

共通

    ◎ 均一で高い反射率による白色反射面。

    ◎ 万一拡散面が汚染、劣化した場合にも再生、メンテナンスが可能です。

    ◎ 支持台、ソケットなど積分球アクセサリーの変更より、各種の光源が使用可能です

    ◎ 検査、選別装置に合わせて積分球のサイズ、形状を自由に設計可能です。

耐光性型

    ◎ パインダーを使用せず、硫酸バリウム100%で白色反射面を作成(特許取得)。

    ◎ 機械振動などに耐えうる機械強度を有しています。

    ◎ 生産現場の環境下でも堅牢性、長期安定性、耐候性に優れます。

反射率                        

反射率.jpg

製品例                        

    60インチ積分球          20インチ積分球          3インチ積分球


Copyright © 2020 ND SEIKO